2019年05月09日

金戒光明寺:2019 京都非公開文化財特別公開

***** 金 戒 光 明 寺 *****

5月5日に京都非公開文化財の特別公開を見に行った。
始めに聖護院門跡を拝観し、次にその東にある黒谷の「金戒光明寺」へ回った。
ここまでは歩いて行ける距離。金戒光明寺は増上寺、善光寺などと同じ浄土宗大本山の一つ。
京都市内の北東部、南禅寺の北にあり、「くろだに」さんとしても知られているお寺。
今回、金戒光明寺の山門が特別公開されているので拝観してきた。

先日、二条城周辺の史跡巡りをした際の説明で、二条城は戦には不向きのお城で、
徳川家康が大阪城に対抗するために、徳川の威信を現すシンボルとしての役割を持っていたと、聞いた。
この金戒光明寺の広大な敷地と多くの宿坊と京都市内が一望できる北の高台にあり、境内の入り口は目立たぬ造り。守りにうってつけの所としてここと知恩院をいざという時の備えの予備軍の駐屯地として考えていた。
幕末の京都守護職に就いた松平容保藩主以下一千名の会津藩士がここ金戒光明寺を本陣としていた。
今回の特別拝観で初めてここの山門に上がることができた。
遥か南の方に京都タワーが見えていたから、ここからの見通しも良く守りの備えの条件も良かったのだろう。
幕末の戦乱で多数の会津藩士が犠牲となりその墓地が光明寺境内にある。


【 高 麗 門 】

0507_201.jpg

【  山   門  】

0507_202.jpg

0507_203.jpg

【 内 側 か ら の 山 門 】
0507_203_1.jpg

0507_204.jpg

0507_205.jpg

【 御  影  堂 】
0507_206.jpg

【 御影堂の横にある熊谷直実の鎧(よろい)掛けの松 】
0507_207.jpg

【 阿 弥 陀 堂 】
0507_208.jpg

【  納  骨  堂  】
0507_209.jpg

【横の石段の上が会會津藩受難者墓地】
0507_210.jpg

【 極 楽 橋 と 蓮 池 】
0507_211.jpg

0507_212.jpg
posted by T.Hatayama at 14:18| Comment(0) | 社寺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: