2019年05月08日

聖護院門跡:2019京都非公開文化財特別公開

***** 聖 護 院 門 跡 *****
今年も2019年の「京都非公開文化財 特別公開」を5月5日に拝観してきた。
「聖護院」という名称は、京都の銘菓「聖護院八つ橋」や「「聖護院大根」などで使われているので知っている程度でまだ行った事のない場所である。
京大病院の東のあたりにあると言う事を知っている程度の知識しかない。
役行者の法脈を継ぐ本山修験宗の総本山の門跡寺院。山伏を統括し修験道の本山となっている。
後白河天皇の皇子が四世門主としてここ入室後「聖護院門跡」または「聖護院宮」と称されるようになった。

生前退位で譲位によって上皇になられたのが光格天皇。
その光格天皇がお住まいになられた聖護院門跡の宸殿である。
この光格天皇ゆかりの品が公開されていたが殆どは撮影は禁止されていたが、
この上段の間だけが撮影が許可されていた。


【 山 門 】
0507_101.jpg


【 長 屋 門 】
0507_102.jpg


【 宸 殿 前 の 庭 園 】
0507_103.jpg


0507_104.jpg


0507_105.jpg



【 本 殿 白 砂 の 庭 園 】
0507_106.jpg


0507_107.jpg


0507_108.jpg



【 宸 殿 上 段 の 間 】
0507_109.jpg


0507_110.jpg

posted by T.Hatayama at 17:44| Comment(0) | 社寺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: