2019年01月29日

京都十六社朱印めぐり: I 市比賣(いちひめ)神社


【京都十六社朱印めぐり】 [その10]

粟田神社から三条通の粟田口まで出、そこからにしへ東山通りに向かって歩き、地下鉄東西線に乗り京阪三条で下車。そこから京阪電車で「清水五条」駅まで乗る。ここから市比賣(いちひめ)神社までは歩いて20分くらいだろうか。
京阪「清水五条」駅は地下駅。地上に出れば鴨川にかかる五条大橋が目の前だ。橋を渡って河原町通りを南に向かって歩けば「市比賣神社」にいける。


*** I 市 比 賣 神 社(いちひめじんじゃ) ***
市比賣神社はちょっと変わっていて、よく見かける神社とは趣が変わっている。
入り口の上にマンションだろうか、それが乗っかっていてちょっと異様な眺めではある。
鳥居は朱塗りの門をくぐったところにあり、境内は狭い。
しかし、この神社の御祭神がすべて女神様。「女人厄除け祈祷」が有名で女性の参拝が多い。
京都のパワースポットの一つ。

0125-21.jpg

0125-22.jpg


* 絵馬と姫みくじの姫だるま
0125-23.jpg

0125-24.jpg

0125-25.jpg

0125-26.jpg



【粟田神社の朱印】

0125-28.jpg



【「京都十六社朱印めぐり」のマイマップ】

posted by T.Hatayama at 16:53| Comment(0) | 社寺

2019年01月28日

京都十六社朱印めぐり: H 粟田神社


【京都十六社朱印めぐり】 [その9]

4回目の朱印めぐりは1月23日に三か所の神社を回ってきた。スタートは東山の岡崎道近くの粟田神社から〜
*** H 粟 田 神 社(あわたじんじゃ) ***
地下鉄東西線の「東山駅」で降りる。地上に出て三条通の南側を東に向かって15分ほど歩けば赤い大きな鳥居が見える。
平安神宮へ向かう神宮道に交差する。ここかる少し歩くと粟田神社の鳥居が見える。

【粟田神社の鳥居と参道】

0125-01.jpg

0125-02.jpg

0125-03.jpg


【 本 殿 と 境 内 】

0125-04.jpg

0125-05.jpg

0125-06.jpg

0125-071.jpg

0125-07.jpg

*粟田神社の境内から見える赤い鳥居は平安神宮の大鳥居
0125-09.jpg


【粟田神社の朱印】

0125-10.jpg



【「京都十六社朱印めぐり」のマイマップ】

posted by T.Hatayama at 13:58| Comment(0) | 社寺

2019年01月24日

京都十六社朱印めぐり: G 熊野 若王子神社


【京都十六社朱印めぐり】 [その8]

三回目の朱印めぐりの最後は「哲学の道」の始点(銀閣寺方面から来れば終点)近くの「若王子神社」。
前回巡った時もこの神社を探すのに時間がかかった。
それほど難しい道ではないのだが、この辺りは生活圏ではないので土地勘が全くないので当たりの風景で方角の見当がつかないのが原因。京都では有名な地域なんだが滅多に来ることはないから・・・
で、今回は二回目なのでそれほど迷う事もなく神社に辿り着くことができた。


*** G 熊野 若王子神社 ***
岡崎神社から歩いて20分くらいだろうか、そう遠くはない。
南禅寺や永観堂方向から方向から来れば、哲学の道の南端にあたる。それほど大きな神社ではないが道路標識や案内板などで神社にはたどり着ける。
ここも先の「京都 熊野神社」の所で記したように「京都三熊野」と言われる神社の一つ。
この神社の奥のクリスチャン墓地には同志社の創始者、新島 襄 や徳富蘇峰のお墓がることでも知られている。山奥にある古社という雰囲気の神社である。


【哲学の道の南端】

0118-30jpg.jpg


0118-31jpg.jpg



【熊野 若王子神社の鳥居】

0118-32jpg.jpg

0118-33jpg.jpg



【 本 殿 と 境 内 】

0118-34jpg.jpg

0118-35jpg.jpg

0118-36jpg.jpg



【熊野 若王子神社の朱印】

0118-37jpg.jpg



【「京都十六社朱印めぐり」のマイマップ】

posted by T.Hatayama at 22:56| Comment(0) | 社寺

京都十六社朱印めぐり: F 東天王 岡崎神社


【京都十六社朱印めぐり】 [その7]

同じ丸太町通を東に進めば「岡崎神社」で歩いていける距離ではあるのだが、午後から回り始めてもう一か所回る予定なので市バスを利用して神社に向かった。
この神社も丸太町通に面した神社なので迷うことはない。バス停の「岡崎神社前」で降りればすぐ通りに面した岡崎神社が目に入る。


*** F 東天王 岡崎神社 ***
先にお参りした「熊野神社」から比べる神社の境内は広く、周りは大きな木々に囲まれ神社らしい雰囲気だ漂っている。
「子授け」「安産」「縁結び」「厄除」の神として信仰されている。平日ではあったのだが参拝者も結構あった。


【丸太町通に面した鳥居と由来の説明板】

0118-21.jpg

0118-22.jpg



【木々に覆われた本殿】

0118-23.jpg

0118-24.jpg



【岡崎神社のウサギ】

京都には干支にちなんだ神社がいくつかあり、その年に当たった時は参拝の人が異常に多くなる。
今年の干支「亥」に縁のあるのが烏丸丸太町上る、御所西にある「護王神社」。ネズミに因んだ「子」に縁のあるのが左京区鹿ケ谷「大豊神社」。
ここ岡崎神社は京都の東すなわち兎の方向に位置するのがこの岡崎神社。
元々この地には野兎の生息地としても知られ、うさぎが氏神様の神使いとされる。
ウサギ神社としても知られている。


手水舎の「子授けうさぎ」の像

0118-25.jpg


可愛い表情のウサギみくじ

0118-26.jpg

0118-27.jpg



【東天王 岡崎神社の朱印】

0118-28jpg.jpg


【「京都十六社朱印めぐり」のマイマップ】


posted by T.Hatayama at 17:50| Comment(0) | 社寺

京都十六社朱印めぐり: E 京都熊野神社


【京都十六社朱印めぐり】 [その6]

平成31年1月18日(金)、3回目の「朱印めぐり」。
今回は四条烏丸に用事があって出かけたのでそのついでという事でも何のだが用事が終わってから京都の北東部にある神社を回ってきた。
*** E 京都熊野神社 ***
東大路と丸太町通の北西角にあり場所は分かりやすい位置にある。しかし神社そのものはそれほど広くはない。
最初にお参りした「今熊野神社」とこの後でお参りする予定の「若王子神社」を京都三熊野と言われている。
修験道の日円上人がこの地に紀州熊野大神を勧請したのが始まり。「権現さん」で親しまれ古くから節分の日に「火の用心のお札」を受け、節分にはにぎわうとの事。


【丸太町通に面して建つ鳥居と本殿】

0118-01.jpg


下鴨神社旧本殿が移されて改修されたもの。
0118-02.jpg


【境内に祀られている 春 日 大 神】

0118-04.jpg




【境内に祀られている 稲 荷 大 明 神】

0118-05.jpg



【熊野神社の解説板】

0118-03.jpg



【熊野神社の朱印】

0118-06.jpg



【「京都十六社朱印めぐり」のマイマップ】

posted by T.Hatayama at 16:54| Comment(0) | 社寺